かえる丸の共働き生活

共働きのこれまでの振り返りと、これから。

単純なジョブ型雇用ではなく、つながれるジョブ型が良いと思った理由

最近の発想に、ジョブ型雇用、といったものもありますね。

すなわち職務範囲・スキルを明確にして、その内容にあった人材を採用する、というもの。

欧米企業では特にジョブ型が採用されている、と言われているようですが。。。

 

ジョブ型、すなわち企業側が「これとこれができる人」と言ったニーズ・スキルセットを明確にして、職務記述書(Job  Discription)に明記する、そこに記載された内容・責任範囲をこなす、という感じ(あくまで感じ)かと思いますが、「ジョブ型」のデメリットを少し考えてみました。

 

− 職務範囲が明確にされているので、それ以外のことはボールを拾わない傾向が生じる可能性がある。

− 自分の職務範囲を全うしていれば、それで良しとする傾向が生じる可能性がある。

− ジョブ型に徹しすぎると、自分の職務範囲を超えたところへの考慮とか興味とか、そういうものが自ずと減っていくケースもある。

− そういう組織は、可能性としてはサイロ化しやすいし、他の領域とつながらない傾向が出てくるかもしれない。

− そうすると、ジョブ型に特化しすぎた組織でイノベーションが起こりやすいか、というと、そうでもない感じがする。

 

などでしょうか。もちろん、あくまで可能性、ということですが。

もちろん職務範囲に「自分の範囲外にあるボールも拾って、イノベーションにつなげる!」とか書ければ良いですが、そんな曖昧なスキルセットって、ジョブ型じゃないじゃん、と思ったり。

なので、日系企業の良いところとジョブ型の良いところを組み合わせて、より良いジョブ型人材の概念を作っていくのが大事かな、と思うのです。

察するに、革新的なイノベーションを成し遂げている企業とかは、自分の強みをしっかり持ったジョブ型人材は沢山いて、一方で、そのジョブ型人材は他人の強み・専門性もしっかりと認めて尊重し、その人材とチームを組んで、新しい付加価値を共同作業で生み出していく、そういう「人と有機的につながれる部分」っていうのを、同じぐらい大事にしているんじゃないかと。

あくまで想像ですが・・・。

 

そう言った企業の「有機的な人とのつながり方」は、日系企業のようにウェットではなく、年功序列でも忖度でもない、のではないか、と。

年下も年上も、女性も男性も、その職責・役割の責任に応えるためにちゃんと発言をする、お互いを認め合った上でディスカッションする、その上で、三人寄れば文殊の知恵じゃないけど、異なった価値観や見方も含め、より良いアイデアを出していく。ゆえに革新が起こる、と。

 

そんな「つながれるジョブ型」人材は、もしかして日系企業だけでなく、グローバル共通で求められているんじゃないかな、と思った次第です。

 

強みを持ちながら、人にも組織にも貢献できる感じですかね。。。

自分がそうか、というと、そうでもないのですが・・・。汗

 

雑感でした。