かえる丸の共働き生活

共働きのこれまでの振り返りと、これから。

共働きと新しい環境

4月は保育園の入園、小学校や中学高校への進学などなど、変化の時ですよね。。

そういうイベントがなくっても、学年が変わると時間割やルーティンが変わるのが4月。。

いろんな変化で忙しい中で、ゴールデンウィークを迎えて、それはそれで嬉しいのですが、

またお休み後にペースを戻さないといけないから、

それはそれで大変、という人も多いのではないでしょうか。

で、体調を崩して崩してしまったり、、、。

 

私は今年は上の子が大学進学、下の子が小学校の学年が変わる、という形の変化だったのですが、

やっぱり高校から大学!というイベントで気を揉みすぎて疲れてしまい、、、

GWに遊びすぎてしまい、、

ちょっと体調を崩してしまいました。

 

きっと今年から保育所!とか、今年から小学校!とか、いわゆる「子供にとっての大きな変化」があった年の共働き家庭は、もっともっと大変なのではないでしょうか。

本当にお疲れ様です。

 

思い起こせば、毎年毎年、何かが変わるんですよね。

子供が毎年大きくなるから。

小さい時は、環境の変化に伴って、子供が熱を出す、体調を崩す、みたいなところが本当に大変で、

いつになったら終わるんやろーという感じでしたが、

そこまで大幅な変化ではないにせよ、

子供が大人になるまでは続く毎年の変化。

 

嬉しい事でもあるのですが、一年かけて、やっとルーティンになったと思いきや、

また変化に伴い微修正の連続。

これが続くのでしょうね。

 

だけど、お熱を出してのお迎えも、保育所時代、気がついたら終わっていたし、

イヤイヤ期も反抗期もいつの間にか終わっていたし、

こうやって変化に一生懸命に対応することで

こちらの修正力というか、対応力というのも上がっていくのかな、と思うところです。

それが仕事で予想外のことが起こった時の対応力にもつながっていくのかもしれません。

 

子供も成長してるし、親も成長している!

きっとお互い、新しい環境への対応力が鍛えられているんですよね。