かえる丸の共働き生活

共働きのこれまでの振り返りと、これから。

京都から大阪方面に「少しでも楽に」帰るための裏技(?)

なぜか京都にちょこちょこ、観光に行く我ら。

京阪神に住んでいる地の利を生かして、多くは「日帰り」。

だって、休みの日でも、子供たちの夕食は待ってはくれないから。

なので、休日も、夫婦2人で朝8時ぐらいに家を出て、夕方15時〜16時ぐらいには京都を出るスケジュールが、今のところはベスト。

そして、それ以上、遅くなると、帰りが混んで「電車で座れなくなる」。

夕食の準備、子供の相手、明日の仕事などなど、共働き夫婦が余力を残すためには、重要なポイントかな、と思うのです。

その余力を残すために、電車で「座って帰りたい」調整をするのですが、よくとる手段はこちら。

 

手段1.

「JR京都駅から、大阪とは逆方向の山科駅まで一駅戻って、そこから新快速に乗る」

行楽シーズンなどは、常に乗客が多い時は、京都駅からどんなに頑張っても座れない。

早めに並んでも座れない。。。

なので、ちょっと時間がある時は、一駅戻って、山科駅から新快速に乗る。

そうすると、座れる可能性高し!

だけど、このデメリットは、京都駅から、お年寄りとか乗って来られると、心がむずむずして、譲らざるを得なくなる共働き夫婦。

なので、ずっと座っていられるか、は、やっぱり確率論。笑

 

手段2.

「京都から新大阪まで新幹線で帰る」

時間と楽さをお金で買う方法ですね。ふふふ。

在来線のお値段に840円を追加するだけ。

これが高いか、安いかは、その時の疲れ具合と、自由席ではあるけれど、座ってビールを飲んで、ちょっと「旅行気分」をさらに味わうか。

京都と新大阪の間で、途中停車がないのも良いですね。

短縮時間は軽微なものだけど、実はコスパも高い使い方。

疲れ具合によって、使い分けています。

 

本当は夜間拝観とかも楽しみたいんですけどね。そこはもう少し先かな、と。

 

ちなみに子供たちは、ついて来なくなりましたね。

お姉ちゃんはもはや高校生、息子も小学生「京都なら、公園行って遊んどく方がいいわー。お昼おいといてー。」みたいな感じ。

なので鴨川デルタで遊ぶ小さい子たちの親子連れが、羨ましい気もしますが、ほんと、子供が大きくなるのは早いですね。

 

秋の日帰り京都:鴨川沿いをひたすら歩いた1日

9月のシルバーウィークがあっという間に終わってしまいましたね。。。

台風やら、子供の野球やら、娘の大会やらで、なかなか旅行には行けない共働き夫婦。

とは言いつつも、三連休の最後の日は、あえて予定を開けて、旦那と2人で日帰り京都旅行。

またかい!!と言われそうですが、京阪神に住んでる立地を生かして、外国人観光客の皆様が少ないうちに、色々、観光しておこうという算段。

 

その備忘の意味も含めて、書いておきたいと思います。

 

今回の京都日帰り旅行は、「鴨川沿いを歩く!」というもの。

京都駅のホームにある立ち食いの駅そばを食べて、地下鉄で北山駅まで移動し、上賀茂神社から、下鴨神社の散策を経て、あとはずっと川沿いを歩く。

歩く。歩く。歩く・・・。ただそれだけ。。

そして京都駅まで。

ほぼ、京都の街中を流れる鴨川沿いを、北から南まで制覇した感じですね。

秋晴れの良い天気かと思いきや、ほぼ真夏日に近かったので、ある意味、精神修行的な感じ。

結果、歩数は28,000歩。

ちょっとやりすぎた感じだけど、妙な満足感と達成感。

感想をまとめると、、、

 

1.下鴨神社糺の森は癒される!!

tadasunomori.or.jp

 

2.上賀茂神社の水占いで「ちょっと休みましょう」とでた。(当たってる・・・。)

 

3.賀茂川と高野川が合流して、鴨川になる。この鴨川デルタ地帯がおすすめ!

(アニメやドラマで登場することもあるようですね。)

ja.kyoto.travel

 

4.鴨川沿いのリッツカールトン、いつか行ってみたい!!!

www.ritzcarlton.com

 

5.北山駅近くの「東洋亭本店」=洋食の名店。ここもいつか行きたい。

www.touyoutei.co.jp

 

6.上流はファミリー・体を鍛える人多し。四条あたりから、若者・カップル多し。

そのへんの棲み分けが面白い。

7.結構、いろんな花々・鳥・自然の宝庫であることを発見。桜の季節に行ってみたい!

8.歴史に詳しかったら、もっと面白い?

 

といった感じでしょうか。

気がついたら、京都でありがながら、全然、お金使ってない・・・。

川沿いを歩いただけですからね。。。

次はちゃんと経済貢献をしようかと思います。笑

あと、普通にしんどかったので、普通に「鍛えたい!」という方以外は、おすすめしないルートかな、と思いました。

 

 

集中英語レッスンが終わった。(う、嬉しい。。。)

6月から3ヶ月間、会社の英語プログラムで集中英語レッスンのプログラムを受けていた私。。

伴走するトレーナーがついてくれて、学習時間を管理する感じのプログラム。。。

きっと、会社の予算が余ってたんだろうけど、やっと終わりました。。。

英語はものすごく苦手意識があるのですが、終わった感想をいくつか。

 

1.しんどかった。。。

しんどかった理由として、毎日、2−3時間程度の学習を目標としていたこと。

時間の捻出も大変だったけど、そして、その学習内容が、カリキュラム化されていて「自由度」がなかったこと。。

もちろん、カリキュラムを組んでくれるのは、ありがたい話なのではありますが、私にとって、ダラダラABCニュースを聞いたり、Tedを聴いたり、そういう「自由度」がある方が良いなあ、という感じです。

自由度がない分、しんどく感じたのかもしれないな、と思うところ。

その意味では、Quality of Life (生活の質)は下がってた感じです。

 

2.高校生の娘より勉強した(笑)

毎日、頑張る母を「おつー」(=お疲れ様、大変やね、といった感じ)と、からかう娘。

正直、高校生の娘よりも勉強した私。

(娘よ、勉強は大事じゃよ。) 

自分で自分を褒めてあげたいと思います。

 

3.成果はあったのか?

無駄にはなってないとは思うけど、、、視界がいきなりクリアになるように、メキメキと上達したか、というと、そこは謎・・・。

言語学習はやっぱり一日、一日の積み重ねであることが身に染みました。

10年後ぐらいに成果出るかな・・・。

とはいえ、社会人になった時の私のTOIECが400点台だったので、20年かけて、いつの間にか840点ぐらいになっていた、亀のような歩みの私。

このプログラム後、どの程度、伸びたのやら、ですが、私には、そうやって、ゆっくり伸ばしていくのが合っているようです。

(仕事で速攻使いたい、というよりは、もはやライフワーク。。。)

 

この学習時間を同じようなペースで継続できたら「素晴らしい!!」のだろうけど、実際のところ、このプログラム終了後、「癒し」を求めるように、英語学習をパタっとお休みしてしまった私。

ダイエットだったら、完全にリバウンド状態。

ちょっとだけ元気出てきたので、そろそろ、毎日、ちょっとずつでも、また始めようかな、と思います。

 

不動産投資RIETのETFを買ってみた

投資は、、、めんどくさくって、ついつい後回しになってしまうのですが。

とは言いつつ、老後のため、自分の選択肢の幅を広げるため、自己防衛のため、いろんな観点から、ちゃんとやろう、と旦那とも話しています。

 

基本、長期でほったらかしの配当狙いが有難い。

ということで、夏休み終わって、ほんの少額だけど、この銘柄を買ってみました。

 

「ダイワ東証RIET指数」

www.daiwa-am.co.jp

 

日本の不動産にいろいろ投資している「不動産投資信託(RIET)」のいろんな銘柄の値動きが入った「指数(Index)」版ですね。

(なんの説明にもなってない。。。汗)

特定の投資信託を買うと、やっぱりリスクが集中するし、かといって、配当も欲しいし、不動産に関連したものが良いし、ということで、こちらを選んでみました。

実に、証券口座で売買するのは、数年ぶり。笑

インターネットで右往左往しながら、パスワードも忘れてるし、あ、こういうのに時間使ってなかったなーと実感。

ここ2、3年、実物の不動産物件を少ないながら購入し、運用することに集中していたせいなのか。。。

だけど、運用利回りはこの商品も3%ぐらいは配当ありそうなので、値動き次第ですが、実物とそんなに変わらんかも!!と。

 

そんなこんなで「投資は分散」を肝に銘じて、分散投資の一環で、しばらくはこの銘柄を買い増していこうかな、と思います。

 

ちなみに実物不動産とRIETの違いを、考えた昔の記事はこちら。

kaerumaru.hatenablog.com

 

知らない間に親の習慣が、子供の習慣になっている件

子は親の鏡、と言いますよね。。。

自分の嫌なところも、似てるなーと思うのですが、親の「習慣」というのも、知らずに子供にインプットされているのだな、と思った件。

 

我が家は毎朝、親の一存で「ニュースはNHK」と決めているのですが、それはバランスよく、国内・海外・天気・株式市場など、いろいろな情報が入っているから。

なので娘などは「えー、民放がいい!!!」と、一時期は不満たらたら。

だけど、つい最近、朝に民放をつけた娘が一言。

「なんか食べ物やアイドルのニュースが多いけど、朝からこれでええんやろうか・・・。」

ま、それはそれで楽しいけどね。

占いとかあるし。

だけど、知らずのうちに世界情勢とかが、自然に耳に入るのは、大事な習慣かもね。

 

あと、私は「家を綺麗にしてないと、運気下がるよ!!」と、若干、風水を気にするタイプ。

娘は「そんなん、迷信や!!」と、自分の部屋は好き放題だったのですが・・・。

ある日、いきなり掃除を始め、「なんか掃除したらいいことある気がするわ。」と。

まあ、そもそも、物が見つけやすくなるから、綺麗な方が何事も良いよね。

 

夜、寝る前は、入眠前にベッドで本を読む習慣がある私。

なぜか、自然に息子もそうなってる。

気がついたら、テレビを消して、隣で読んでる。

そして、読んでると、私と同じくリラックスして睡魔が襲うようで、良い入眠儀式になっている。

 

こうやって家族の習慣って、受け継がれていくんだなー、と。

もちろん悪い習慣もたくさん受け継いでますが(汗)。

 

こうやって色々なこと・物・想いが次世代繋がっていく。

なかなか面白いです。

 

2022の夏休みの振り返り

コロナがなかなか収まらない2022年の夏休み。

それでも、昨年よりは行動できたのかな、と思いつつ、ちょっとだけ夏の振り返り。

 

1.お仕事

出社・出張もありつつだけど、夏のあまりの暑さと、子供たちのスケジュールの不規則さのため、思ったより在宅が増えてしまった・・・。

そして在宅が多くなると、気分が滅入る、仕事をやり過ぎる、という傾向も。

秋は頑張って出社しようと思います。

それで気分を上げていくのじゃ!!!

 

2.子供たち

娘は部活三昧で、大変な練習スケジュールは、親が見ていても感心するほど。。。

もちろん、上級生との色々や、集団行動の諸々もあって、悩みも多いだろうけど、社会に出た時にそういう経験はきっと役に立つと思う。

結果、全国大会に行けて、私も見に行ったけど、親も良い思い出になったよ!

 

息子は中学受験の塾通い+学童+遊び。

夏期講習も大変だったけど、すごい、と思ったのは、その合間をぬって、全力で遊ぶ息子の要領の良さ。

気がついたら公園に行っている息子、誰か友達見つけて遊ぶ息子。

最近の子で、友達の家にピンポンしに行く子って少ないんじゃないかな・・・。

ある意味、よく遊び、学び、メリハリの効いた夏休みだったね。

 

3.家族のお出かけ

長期の旅行はできなかったけど、映画、鳥取の大山(生憎の雨)、アスレチック、近場のホテル滞在、そして有馬温泉

それでも、まあ、なんとか行った方でしょうか・・・。

 

4.投資関係

よかったのは、保有している不動産物件の空き家が埋まったこと。

夏は閑散期らしいから、引っ越しも少ないんだろうなあ、と思ってたけど、申し込みがあり。。

これはホッとしました。

 

5.体力関係

こっちは、夏休み対応でおろそかになり、体力は落ちた上に、体重増加。涙

秋は「貯筋活動」に励もうと思います。

旦那が最近入ったトレーニングジムに体験でついて行ってみようと思います。

 

みたいな感じでしょうか。

仕事で大変なこともあった8月だけど、、、いつの間にか季節は過ぎる。

過ぎゆく夏と、迎える秋を、しっかり感じて過ごそうと思います

 

秋に向けての、久しぶりの拭き掃除

今日は土曜日。

午前中は家族はのんびりしつつも、息子と旦那や少年野球、娘は部活、と、午後は無人に。

なので、夏休み中のほこりや汚れを落とすべく、私1人は拭き掃除に一念発起!!!

夏休み中の、息子の足のベタベタがたくさんついた廊下。

夏休み中の、みんなの手垢がついた扉。

そして、夏はマンションの修繕工事だったのだけど、そこから舞い込んだ諸々のほこり。

そう言ったものを一掃し、気持ちよく秋を迎えるために、1人、拭き掃除に専念!!!

 

ルンバをかけ終わった部屋から、壁・戸棚・床など。

無心でふいて、ふいて、ふきまくれ!!!

そして、一応、拭き掃除機のブラーバも稼働させつつ(←こいつがすぐ止まる・・・)。

床に這いつくばったり、高いところに手を伸ばしたり、おおむね3時間、無心でやってました。

普段と違う姿勢でやると、見えないほこりも見えたり、無くしてたものを見つけたり。

ふきまくりました。。

 

ついでに、プチ断捨離もして、これで、スッキリ秋を迎えられそうです。

 

もちろん終わった後は、旦那にラインして「成果」をアピール。

これも大事ですね。笑